MAKE HOUSE ー木造住宅の新しい原型展(主催:エヌ・シー・エヌ)に協賛

2014/10/09|ブログ // 新着情報 // NDNの活動日記



設計事務所の皆様へ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、SE構法の供給元である(株)エヌ・シー・エヌの主催にて7組の建築家による展示会を開催する事となりました。テーマは「木構造のパーツ化による建築」とし、『MAKE HOUSE -木造住宅の新しい原型展』というタイトルで開催致します。

(株)エヌ・シー・エヌのグループ会社で、SE構法の設計事務所窓口を運営する(株)エヌ・ディ・エヌはこの度、このイベントに協賛致します。

大変お忙しいと思いますが、是非会場にて御覧頂き、設計事務所の皆様のご意見ご感想を頂けましたら幸甚です。 宜しくお願い致します。

MAKE HOUSEとは。
SE構法を開発したNCNでは、今、次の大きなプロジェクトに取り組んでいます。それは、木材の「パーツ化」。
住宅をつくるために必要な部品を少なくし、最適な寸法を規格化することで、SE構法の家をより安価に、早く建てられるようにします。
それによって耐震性のある木造住宅をこれまで以上に、当たり前のものにしたいと考えています。
安さや早さだけがパーツ化の利点ではありません。パーツ化によって家づくりはよりシンプルになります。 その結果、住む人が自分で家をつくれるようになるかもしれません。建て替え時に部品を再利用することも、格段に容易になるはずです。 プロジェクトを進めるにあたり、NCNは、「パーツ化」が可能にする木の家の新しいつくり方を、気鋭の建築家7組と一緒に考えることにしました。

依頼を受けた建築家たちは、住宅に関わる様々な分野の専門家と議論しながら、それぞれにアイデアを展開しています。 本展はその最初の報告です。7組の建築家がこれからの住宅にふさわしい規格寸法の考え方から、今後の住宅ビジネスの仕組みまでを含めた提案を行います。

また、それぞれのアイデアをもとに設計した住宅の模型や図面などを展示します。
建築家たちが提案する木の家の新しいつくり方に、ご注目ください。

→MAKE HOUSEホームページ



参加建築家

鈴野浩一/禿真哉
トラフ建築設計事務所(とらふけんちくせっけいじむしょ)  http://torafu.com
鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。建築の設計をはじめ、ショップのインテリアデザイン、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。


谷尻誠
たにじりまこと  http://www.suppose.jp
住宅、商業空間からランドスケープ、プロダクト、アートのインスタレーションまで、仕事の範囲は多岐にわたる。広島・東京の2 ヵ所を拠点とし、インテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ 現在多数のプロジェクトが進行中。穴吹デザイン専門学校特任講師 、広島女学院大学客員教授。


長坂常
ながさかじょう  http://schemata.jp
スキーマ建築計画代表。事務所設立後2007 年に上目黒に移転し、コラボレーションオフィス「HAPPA」を設立。仕事の範囲は家具から建築まで幅広く及び、国内外の著名ブランドとのコラボレーションも多数実現している。受賞歴は2008 年5th International Bauhaus Award, 2013 年度JCD デザインアワード(金賞、銀賞)等。


中山英之
なかやまひでゆき  http://www.hideyukinakayama.com
伊東豊雄建築設計事務所で「多摩美術大学図書館」等を担当後、独立。処女作「2004」でSD レビュー2004 鹿島賞と第23 回吉岡賞を立て続けに受賞して注目を集める。その後も「O 邸」(2009)、「Y ビル」(2009)、「Y 邸」(2012)など話題作を手がけ、現在も住宅を中心に数々のプロジェクトが進行中。2014 年より東京芸術大学准教授。


藤村龍至
ふじむらりゅうじ  http://ryujifujimura.jp
藤村龍至建築設計事務所代表。東洋大学建築学科専任講師として建築設計教育や社会に開かれたプロジェクトも展開しているが、建築作品の多くは若い夫婦をクライアントとした郊外住宅。これまでは「工学」をキーワードに「東京郊外の家」「小屋の家」「倉庫の家」「家の家」と展開。


藤原徹平
ふじわらてっぺい  http://www.fujiwalabo.com
隈研吾建築都市設計事務所設計室長を経て、フジワラテッペイアーキテクツラボ代表。横浜国立大学大学院Y-GSA 准教授。施主や施工者、大工、職人、構造設計者、設備設計者、デザイナー、工場のエンジニアなど多様な人たちとの<開かれた対話>のなかから<新しい建築の可能性>を探っている。


吉村靖孝
よしむらやすたか  http://ysmr.com/
吉村靖孝建築設計事務所代表。明治大学特任教授。ダイナミックに変容する市場、法、規範をデザインの契機と捉え、次世代の建築/都市の姿を模索している。建築の図面を売る「CC ハウス」やコンテナの規格を活用する建築物「エクスコンテナ」など、住宅の生産と流通に対するシステム提案のプロジェクトも積極的に行っている。



開催概要


【会場】東京ミッドタウン ガレリア コートヤード
【住所】東京都港区赤坂9−7−1
【日時】10月17日(金)~10月26日(日) 11:00〜21:00
【主催】株式会社エヌ・シー・エヌ
【監修】播繁(構造家)、池田昌弘(構造家)
【企画】岡田栄造
【グラフィック】原田祐馬

【協賛】
(株)アドヴァンス建築設計工房、 (株)イデー、 院庄林業(株)、(株)エヌ・ディ・エヌ、 (株)小田急ハウジング、幸和ハウジング(株)、 総合地所(株)、太陽工業(株)、 (株)平成建設、 ペーパーレススタジオジャパン(株)、 三井ホームコンポーネント(株)、 (株)MUJIHOUSE 、 (株)良品計画 (50音順)



ブログ // 新着情報 // NDNの活動日記の最新記事


記事のカテゴリ

SE構法の建方 施工手順

SE構法関連の情報・コラム

家づくりのお役立ち情報

建築系イベント チラシやDMの作り方

木造建築や中・大規模建築物について

構造設計、構造計画、基礎・地盤などについて

省エネ住宅について

NDNの活動日記



NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み
SE設計講習会