SE構法がSE金物を使う理由


SE構法の接合部の強度

一般的な木造在来構法は、柱と梁の接合部(仕口)にホゾ欠きという凸凹をつくり継いでいきます。しかしこの方法だと、断面欠損の体積が多くなり接合部の強度が低下してしまうという欠点があります。
対してSE構法では、SE金物という独自の金物を用い、木材には薄いスリット加工をする事により断面欠損を極力少なくするつくりとなっています。また、SE金物は他の金物工法で用いられる接合金物と比較しても鉄板部分が6ミリと分厚い為、接合部の強度が保たれます。



SE構法の接合部


Sボルト ”Sボルト”が接合部の強度を更に向上 Sボルトは金物工法の課題を解消する為に開発された特殊なボルトです。凸凹をもつボルトが木材にねじ込まれる事により、引張剛性が向上します。一般的なボルトの2倍の強さを持つSボルトとSE金物との組み合わせが、強靭な接合部をつくり、木造ラーメン構法を実現しています。



SE構法の躯体サンプル 木の乾燥収縮にも対応するSボルト 木造金物工法の接合部は木材が乾燥収縮する事により施工時に締め付けられていたボルトが緩んでしまうという課題がありました。これに対してSボルトを使用しているSE構法は、木が収縮で緩んだときもラグスクリュー状のボルトが木材に食い込み続けるので、十分な剛性を確保する事ができます。



柱脚の引抜き耐力は従来の約9.5倍

阪神淡路大震災で倒壊した建物の多くに、古い在来工法で柱が土台の上に立っており、その部分が抜けてしまっているという現象が見られました。SE構法では地震時に柱が抜けないように、柱と基礎を金物でつないで一体化しています。その引抜き耐力は実に従来の9.5倍。地震時の横揺れに対して、圧倒的な強度を実現しています。



SE構法の柱脚

SE構法の骨組みの強さ 骨組みの強度を確保 SE構法は、強度と品質に優れた「集成材」の柱と梁を、丈夫な「SE金物」と「Sボルト」で剛接合しています。このように構成された骨組みは、頑丈な木造ラーメン構造を実現します。
壁だけで構造を支えるのではなく、骨組みで支える事により、大空間・大開口のある建築空間を実現する事ができます。


錆にも強いSE金物

SE金物は、自動車のボディと同じ塗装方法である「カチオン電着塗装」で防錆処理が施されています。耐久性については約600時間をかけた塩水噴射試験において、試験前とほぼ変わらない性能レベルが保たれている事からも証明されています。この試験結果は、標準地域で168年・塩害地域においては100.8年分負荷をかけた状態に相当しています。



SE金物の防錆処理





SE構法が構造計算をする理由




「SE構法がSE金物を使う理由」の関連記事

SE構法
これからの住まいのあり方
木の家に住むメリット
木の家に確かなテクノロジー
耐震性の高い住宅が必要な理由
SE構法が構造用集成材を使う理由
SE構法が構造計算をする理由



SE構法の設計事務所ネットワーク

SE構法の実績豊富な設計事務所



㈱NDNの運営するSE構法の関連サイト


SEAS

木造建築.jp




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み