木の家に住むメリット

木の特性

木は人に優しい素材です

木は人間にとってとてもやさしい素材といえます。断熱性、調湿性、弾力性、吸音性、耐火性、経済性まで兼ね備え、人をやさしく守ってくれる建築材料です。また、木は人間の精神を安定させてくれる効果もある事が実証されています



生存実験



木の断熱性能はコンクリートの11倍、鉄の350倍

木材の大きなメリットの一つとして、他の建築材料を大きく上回る断熱性能が上げられます。木の断熱性能はコンクリートの約11倍、鉄の約350倍といわれています。そのため、木造住宅はしっかりと断熱を施す事により「夏涼しく、冬暖かい」環境を保つ事が出来ます。



木と鉄とコンクリートの比較



木は呼吸する建築素材

木材は水分を吸収するため、例えば湿度の高まる梅雨時や夏場は空気中の湿気を吸収します。逆に湿度の低い冬は溜め込んでいた水分を発散するので、室内環境を快適に保つ効果があります。





木の家に確かなテクノロジー




「木の家に住むメリット」の関連記事

SE構法
これからの住まいのあり方
木の家に確かなテクノロジー
耐震性の高い住宅が必要な理由
SE構法が構造用集成材を使う理由
SE構法がSE金物を使う理由
SE構法が構造計算をする理由



SE構法の設計事務所ネットワーク

SE構法の実績豊富な設計事務所



㈱NDNの運営するSE構法の関連サイト


SEAS

木造建築.jp




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み