木の家に、確かなテクノロジー


大規模建築の技術を、住宅に応用しています

SE構法は、開発者である構造家 播繁氏が、同じく手がけられた長野オリンピックの「Mウェーブ」に使われている大スパンを飛ばす技術と同様の部材(構造用集成材)を応用しています。このような大規模木造建築の技術を住宅レベルに応用し、広い空間を実現したのがSE構法です。



Mウェーブ


木造住宅は壁量に縛られています

在来木造の場合、壁量計算という方法で耐震性の簡易的な確認をします。ただ、平面的な検討にとどまり、建物重さの概念がないので建物の耐震性が正確に実証されている訳ではありません。
これに対してSE構法は、1棟づつ構造計算を行います。これにより必要な壁量が分かる事と、上記の大規模木造建築のようなスパン:壁の無い空間を住宅で実現できるので、間取りの制約が少なく、自由にプランニングする事が可能となります。


SE構法と在来構法の壁量



耐震性の高い木造住宅が必要な理由




「木の家に、確かなテクノロジー」の関連記事

SE構法
これからの住まいのあり方
木の家に住むメリット
耐震性の高い住宅が必要な理由
SE構法が構造用集成材を使う理由
SE構法がSE金物を使う理由
SE構法が構造計算をする理由



SE構法の設計事務所ネットワーク

SE構法の実績豊富な設計事務所



㈱NDNの運営するSE構法の関連サイト


SEAS

木造建築.jp




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み