大規模木造チーム

tokuken1

大規模木造チーム インタビュー

NDNを選んだきっかけは?

阿部「メンバー皆さんにやりたい事があって、活力があるところがとてもいいなと思いました。個人的には仕事を通して、木造の生産の効率をスムーズにしていきたいと思います。具体的にはSE-CADという自社開発のCADシステムを効率良くしたりする事にトライしてみたいです。大口さんは、どんなきっかけでNDNに入ったんですか。」

大口「僕は元々、住宅メーカーの研究所や注文住宅の部署で働いていました。色々経験はしてきましたが、そろそろ住宅以外がやってみたいと思ったところに、木質系のメーカーとしてNCNのやっている事に魅力を感じたのがきっかけです。」

NDNでどんな仕事をしていますか?

阿部「今はNDNで木造住宅の構造伏図の作成、計算出荷等のアシスタントをしています。」

大口「僕はSE構法における非住宅案件を中心に、設計事務所の対応業務をしています。木造に不慣れな設計事務所に対して、構造計画・積算・工務店との橋渡しなど、木構造全体のサポートを行っています。その仕事の中では、オーナーさんから直接依頼を受ける事も多くなっています。」

特建事業部発足時に苦労した事は?

大口「営業をする際に、工務店、設計事務所、オーナーさん、どこに情報発信してどこにアプローチすれば良いのか分からなかった事です。NCNは工務店ネットワークがベースの会社ですが、NDNの設計事務所ネットワークを活用する事で、設計事務所からの仕事が増えてきました。 大規模建築の案件は、特注材の調達等、社内外の調整について住宅よりもシビアに進める事を意識しています。ところで阿部君はどうやってNDNを知ったの。」

阿部「NDNを知ったのは、ネットで偶然「SEA’Sまちかど建築家展」というイベントを見つけて、このまちかど建築家展に行ってみようと思ったのががきっかけです。」

NDNの良さってどんなところですか?

阿部「NDNの良さは多様性にあると考えています。1つの事をやっても、いろんな意見が出てきて、それを受け入れてくれる雰囲気があるところも良い所だと思います。」

大口「一言でいうと、自由を与えてもらえる所が良い所だと思います。既成概念にとらわれない発想が出来ること。それによって、必要があればルールを変えていくことが出来る。自分たちの会社だからこそ出来る事だと思います。」

仕事における目標は何ですか?

阿部「僕は木構造建築の生産効率を良くするようなシステム化に挑戦してみたいと思います。建物を生産する上での無駄を省いていくようなシステム化です。技術的な事が好きなので、技術的な面からアプローチしていきたいと思います。大口さんはどんな事が目標なんですか?」

大口「現代の木造で城を作りたい。名古屋城や大阪城はコンクリートなんです。城や寺は、その時代の最先端の技術を使うべきと思います。今の木造で作って100年後まで残していきたい。城にはロマンがあります。やっぱ城でしょ。直近では、江戸城が一番熱い!!!」

tokuken2

大規模木造チーム事例ギャラリー

クリックすると画像が拡大します。




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み