営業・企画チーム

eigyo3

営業・企画チーム インタビュー

NDNに出会ったきっかけは?

平野「高橋さんは、NDNと出会ったきっかけは何だったんですか?」

高橋「私は今と同じく建築系の会社で、設計業務における社内外の調整の仕事をしていました。そのときに思ったのが、建築に関わる人々のつなぎ役となるような仕事が自分には向いていて、それがNDNなら出来そうな気がしたのがきっかけです。あとは元々建築学科にいた事もあると思いますが、表現する事に関係する仕事がしたくて、建築家との仕事をしているNDNに出会いました。  平野さんがNDNに来たのは、どんな事がきっかけだったんですか。」

平野「自分の前職は、建設会社の営業マンでした。僕も植村さん・高橋さんと同じく学生時代は建築学科で、ずっと建築畑です。一つの建物にはさまざまな側面があるので、建築に取り組む際に何か一つ軸を持ちたいと考えていました。そんなとき偶然、有楽町の無印良品の家にSE構法が使われている事を知り、NCNの田鎖社長の書かれた「家、三匹のこぶたが間違えていた事」という本を買いました。そこにあった考え方には明確な軸があり、是非このSE構法の普及に参加したいと思った事がNDNに来たきっかけです。」

今、どんな仕事をしていますか?

平野「さてさて、次に質問を変えてみます。今、NDNでどんな仕事をしていますか?」

高橋「SEA’Sの仕事がメインで、今はホームページのコンテンツに関わる情報発信の企画の一部を担当しています。今後、家づくりコーディネイターとして、お客様と設計事務所の橋渡しが出来ればと思っています。それから、設計事務所向けセミナーやfevecasaの運営のアシスタントの仕事もしています。平野さんはどんな仕事をしていますか?」

平野「僕はウェブサイトや販促物・紙媒体のデザインを作ったりする企画の仕事をメインで行っています。設計事務所・お施主様に対するイベント等を企画運営し、フィードバックをもらいながら改善をしています。」

NDN発足からSEA’S、fevecasaの話

平野「高橋さんはSEA’Sの家創りコーディネイターをやってみたかったと思うんだけど、SEA’Sをどんな取り組みにしていきたいですか。」

高橋「SEA’Sの建築家は、人柄・作風などトータルな力のある方が多いと思います。建築家と家創りをしてみたい方に身近な存在になれたらいいんじゃないかと思っています。ユーザーに近い存在になるように建築家の取り組みを伝えていきたいです。」

平野「私からは今年1月から始まった新事業fevecasaの話を。設計事務所チャネルのSE構法普及を考えた時に、住宅展示場で家を買うプロセスに対して、設計事務所という選択肢がもっと知られてもいいんじゃないかと思ったのが、fevecasaがスタートしたきっかけです。fevecasaでSE構法以外の作品を載せているのは、設計事務所の取り組み自体をもっと知ってもらう事が必要ではないかと思ったからです。fevecasaはwebサービスなので、今までになかったスキルやインフラが必要になります。今後もどんどんwebが好きな人に参加してもらいたいですね。」

NDNの良さってどんなところですか?

平野「NDNのよさってどんなところです?」

高橋「私も、個性を生かす事のできる会社なのが良いところと思います。平野さんはどうですか?」

平野「持ち場を守る責任感を各メンバーが持っている事が良い所かと思います。」

仕事における目標は何ですか?

平野「それではラストの質問になります。NDNでの目標、仕事の目標は何ですか?」

高橋「私は設計事務所の良さを発信していく仕事がしてみたいです。この取り組みを通して、最終的にはもっと設計事務所が家創りの選択肢として身近になるようにしていきたいです。」

平野「僕も高橋さんに近いのですが、設計事務所をもっと身近にしたいと思います。それを実現する為に、住宅業界においては未開の地であるwebサービスの分野で挑戦してみたいと思っています。」

平野「これでインタビューは終わりです。ありがとうございました。」

インタビュー後…

平野「あ、あと一つ最後に、、みんなお仕事頑張ってますが、プライベート、たとえば休みの日は何をしてますか。」

高橋「私は休日は最近本を読んでます。というか、NDNに入ってから読まないといけないみたいな雰囲気になって(笑)。小説とかは前からよく読んでましたが、最近は実用書を読んでます。あとは旅行に行ったり、美術館に行って展示を見たりするのが好きです。あとは街歩きやウィンドーショッピングをするのが好きです。」

平野「僕は休みの日は3歳の息子と0歳の娘と遊んでいます。茨城に住んでて釣りが好きなので、よく霞ヶ浦とか近くの川にいってます。」

2人「仕事も大事だけど、プライベートはもっと大事にしたいですね!という事で、それでは仕事にもどりますか。」

営業・企画チーム事例ギャラリー

クリックすると画像が拡大します。




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み