大規模木造施設建築ギャラリー

tetsu
大規模木造福祉施設jpg_07 大規模木造教育施設_05 大規模木造集合住宅_12 大規模木造商業施設・オフィス_03 大規模木造公共施設_13

大規模木造施設建築なら㈱NDN

こちらでは、㈱NDNで設計した大規模木造施設建築を紹介しています。 SE構法でつくる大規模建築物は10m以上のスパンを飛ばす事も可能です。

コスト的にも鉄骨造より安く収めることが出来ます。

また、木造建築にはほかの工法にはないさまざまなメリットがあります

こちらのページでは弊社の構造設計チームが構造設計を手がけた大規模木造施設建築を紹介しています。

近年、大規模な木造施設が多く設計されるようになりました。古くから日本では木材を利用する文化がありましたが、大規模な建築物には利用しにくく、特に建築構造的な観点から、不安定な材料であるため避けられてきました。しかし、建築技術の進化により大規模な施設や建築物が木造になりつつあります。

今回は、そんな大規模木造施設や建築について紹介します。木材が利用されやすい建物には以下のような特徴があります。1つは、建築デザインとして古さを演出する場合、2つ目は、逆に近代建築に木材を利用することで、建物の斬新さを演出する場合、3つ目は、木材を利用することで温かみのある空間を創る場合です。このように、木材を利用することは人間に心理に深く訴えかけます。

私たち日本人は、古くから木の温かみに触れてきましたから、木の素材感は万人に共通して好きですしデザインに共感できるのです。最近の事例で言えば、岐阜県に建設された大規模な木造図書館があります。これは、単に木造というよりは屋根を木造にしています。先ほど説明したように、木の良さは素材感ですから、柱や壁のように仕上げ材料で見えない部分に、木材を使う必要性はありません。

そのため、この建物では屋根材に木板のラチス梁を設けて美しい形態の曲面を演出しています。木材の良さに加工性があります。簡単に切ることが可能で、曲げ加工もできます。そういった柔軟性の高さが木造屋根を実現できるのです。つまり、全てを木造かするのではなく、部分的に木造かすることで、メリハリのある設計が可能です。

また、大規模建築に木造を利用するメリットは、多くの木材を使用できることです。日本は森林が多くありますが、木は定期的に切る方が育ちやすくなります。一方で、伐採の専門家が減っているため、木が伸びたままになっています。建築物は多くの木材を利用するため、木を減らしたい地域にも適応できます。

また、木材を使って建物を創ることは二酸化炭素これ以上増やさないという意味でも意義があります。木を燃やせば二酸化炭素が発生し、温室効果ガスの原因になります。しかし、木を燃やしたりゴミになって焼却するのではなく、建物として利用することで長い期間、二酸化炭素を放出することなく、保有することが可能です。

世界的にも、益々環境活動が活発になりつつあります。建築は、他の産業と比べても多くのエネルギーを消費しますから、大規模な建築物を木造かすることは今後も増えるでしょう。

まずはお気軽に資料請求から

木造施設建築においてSE構法の大規模木構造を検討をされている方は 是非一度、資料請求をしてみてください。

大規模木造施設建築についてのお施主様向け説明資料や価格に関する資料など 各種資料を取り揃えております。

大規模木造施設建築についてのお問合せは 下記ページよりお気軽にお問合せください。



大規模木造施設建築関連トピックス

非住宅、中・大規模建築物等の建築規模による防火の規制について
防火地域、準防火地域、22条区域の木造建築の防火制限について
木造耐火建築物の設計・施工の方法、ポイントをまとめてみました
木造で準耐火建築物を設計・施工する際の方法
木造建築のメリット




NDNへの電話お問合せ NDNへの資料請求 NDNのイベント申込み